ドッグカフェのオーナー(経営者)であれば、誰しも売上アップを望まれていると思いますが、そもそも、売上アップ=利益アップではありません。

ですが、その点は後日お話をするとして、売上アップだけを考えてみましょう。

 

ドッグカフェに限らず、非常に多くのお店のオーナー(経営者)さんは、売上アップ=集客として売上を考えていらっしゃるため、1度整理して考えてみる必要があると思います。

「売上アップ=集客を頑張る」だけではありません。

売上アップのための方法

どうやってその売上アップを達成するかということは一旦置いておいて、方法を列記すると以下のようになります。

  1. 新規顧客の獲得により来店者数を増やす(集客)
  2. 既存顧客のリピート率を上げる(これも集客です)
  3. 顧客単価を上げる(特に来店者数が増えなくても売上はアップします)
  4. 混雑時に帰ってしまわれるお客様を待って頂けるようにする(機会損失を無くす)

大まかに分けただけでも、4種類の売上アップの方法があるわけですね。

さらに細分化すれば、もっと細かく分類することが出来ます。

もちろん、先につながる売上アップは来店者数を増やすことですが、それだけに注力していてはもったいないということです。

顧客単価を上げる方法

これも、分類すればかなりいろいろな方法がありますし、お店によって方法が異なるはずです。

たとえば、物販も行なっているドッグカフェであれば、お客様が何か商品を買って下さる割合が上がれば売上はあがりますね。

飲食だけのドッグカフェの場合でも、顧客単価を上げようとすれば、単価が高く魅力的なメニューを増やすだけでも売上アップは可能でしょう。

 

要するに、重要なことは整理整頓して理論的に考えるべきだということです。

 

あなたのお店(ドッグカフェ)にあてはめてみて下さい

上記でおよその分類方法をお伝えしましたので、まず分類して、それぞれがあなたのお店の場合、何が出来るかを考えるのが最初の一歩です。

 

そして、それが出来てからでもなお、今の状態では出来ないとしても、あらたなことをすれば、上記のいずれかが出来るようになることあるはずですね。

 

ドッグカフェに限ったことではないのですが、経営者は「売上アップ」「集客」「クチコミ」など何かテーマがあると、それだけで既に細分化されているように思ってしまい、あまり緻密に考えられなくなってしまいがちです。

 

1つ1つ、さらに分類して、1つ1つ順を追って解決していけば、もっと売上は上がるはずですよ。